ハイドロキノン 美容液 市販

MENU

始めに

顔にある目立つシミ、気になりませんか。シミを消すのに効果的なのはハイドロキノンという成分です。ハイドロキノンについて、ハイドロキノン美容液のランキング、シミをスポットケア出来るおすすめのハイドロキノン美容液などを、ご紹介していきます

目次

@シミは年齢と共に増えていく
Aシミを消したいならハイドロキノン
Bハイドロキノンのデメリット
Cハイドロキノン美容液【市販品】ランキング
Dアンプルール ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110で、目立つシミをスポットケア

@シミは年齢と共に増えていく

顔にシミがあると、気になりますよね。一般的に、30歳前後からシミが気になる人が増えてくるようです。ちょっと大きめのシミがあったりすると目立ちますし、コンシーラーでも隠し切れなかったりして困ります。目立つシミが1つあるだけで、一気に老けて見えるのも悩みの種です。

 

そもそも、どうしてシミは出来てしまうのでしょうか。シミの原因は、紫外線による肌の刺激が一番の原因といわれています。その他にも、間違ったマッサージなどによる摩擦や、女性ホルモン、ストレスなどが原因になることもあります。肌が刺激を受けると、色素細胞メラノサイトの活性因子が作られます。するとメラノサイト内のチロシナーゼというメラニン生成酵素が、活性化されます。これによりチロシナーゼがチロシンに作用して、メラニンへと変化させるのです。このメラニンが、表皮細胞のケラチノサイトに過剰に蓄積されて色素沈着し、シミとなるのです。

 

ではなぜ、年齢と共にシミが出来やすくなるのでしょう。肌にはターンオーバーという、肌が新しく生まれ変わるサイクルがあります。このターンオーバーの周期が、年齢と共に長くなったり、乱れやすくなったりしてしまうのです。すると、古い角質が剥がれ落ちにくくなり、シミが出来やすくなってしまうのです。また、若い頃から浴び続けた紫外線の影響が、年齢と共にシミとなって表れてきてしまうのです。

Aシミを消したいならハイドロキノン

シミは、一般的な美白化粧品を使っても消えません。店舗などでよく目にする美白化粧品に入っている美白成分は、コウジ酸やアルブチン、プラセンタエキスなどが一般的です。これらは、シミが出来るのを防ぐ効果はあります。しかし、今あなたの顔にあるシミを消す効果はないのです。一般的によく使われている美白成分で、ビタミンC誘導体にはシミ消し効果もあるのですが、それよりももっとシミ消し効果が高い成分があります。それがハイドロキノンなのです。ハイドロキノンは、ビタミンC誘導体やコウジ酸、アルブチン、プラセンタエキスなどの10〜100倍もの美白効果があるといわれています。

 

ハイドロキノンは天然の成分で、コーヒーや紅茶、麦芽、ブルーベリー、イチゴなどに含まれています。ハイドロキノンには、メラニンを還元する作用があります。シミというのはメラニンが蓄積したものですから、ハイドロキノンは今あるシミを消す効果があるというわけです。またハイドロキノンには、チロシナーゼやメラノサイトの活性を抑える作用もあります。つまり、新しくシミが出来るのを抑えることも出来るのです。ハイドロキノンは、シミを消す効果とシミを予防する効果の両方を兼ね備えているというわけです。

Bハイドロキノンのデメリット

ハイドロキノンには、シミ予防とシミ消し効果の両方があります。シミのケアには、ハイドロキノン配合の美白化粧品はとても効果的なのです。ですがハイドロキノンにはデメリットもあるので、使う上では注意も必要です。

 

・刺激が強い
ハイドロキノンは強い成分です。つまり、肌を刺激しやすい成分でもあります。肌の弱い方などは、肌が炎症を起こしたり、赤くなったり、痒みを感じる場合もあります。

 

・酸化しやすい
ハイドロキノンは不安定な成分で、酸化しやすいという短所があります。酸化したハイドロキノンは、肌を刺激してしまいます。保管する時はキチンと密封すること、冷暗所に保管することなど注意が必要です。

 

・濃度が5%以上のものは白斑が出来ることがある
濃度が高いものは肌の一部に、色が白く抜けてしまう白斑が出来る場合があります。5%以上のものを使う時は要注意で、医師の指導が必要です。5%未満のものでは、白斑が出来たという報告はありません。

 

・紫外線に弱い
ハイドロキノン配合化粧品を塗って紫外線に当たると、シミが濃くなったり、色素沈着を起こすことがあります。出来れば、夜使った方が良いでしょう。日中使いたい方は、しっかりと紫外線対策をしてください。

 

このように、ハイドロキノンはいくつかのデメリットがあります。しかし、ハイドロキノン配合化粧品には、刺激が低くなるように工夫されたものや、それほど濃度は高くなくても高い効果を発揮できるよう、工夫されたものもあります。こういったものを、上手に選ぶことが大切なのです。

Cハイドロキノン美容液【市販品】ランキング

ハイドロキノン配合化粧品には、化粧水や美容液、クリームなど、色々なタイプのものがあります。ここでは、肌なじみが良くて肌にも密着しやすいハイドロキノン配合美容液の、おすすめランキングをご紹介します。

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

アンプルールが独自開発した新安定型ハイドロキノンを2.5%配合した、スポットケア専用の夜用集中美容液です。マイクロカプセル化されているので安定性が高く、肌への刺激も少ないのが特徴です。密着性の高い特殊ゲルが絆創膏のように肌に密着し、寝ている間しっかりとシミをケアします。アンプルールは、皮膚科医開発のコスメです。

 

 

オバジ オバジHQブライトニングナイトセラム

ハイドロキノンを安定的に配合した、夜用の一点集中ブライトニングケア美容液です。バーム状の美容液で、ケアしたいシミにしっかりと密着し、浸透していきます。オバジは、スキンケア研究者のオバジ氏とロート製薬によるブランドです。

 

エピステーム HQレーザークリア

バーム状の美容液がピッタリと密着して、シミをケアします。保湿成分のツボクサエキスも配合されているので、うるおいを保ちます。エピステームは、ロート製薬のコスメブランドです。

Dアンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110で、目立つシミをスポットケア

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110は、刺激が少なくハイドロキノンが効率的にシミに届くという特徴があります。目立つシミをケアしたいという方におすすめの、スポットケア専用の夜用集中美容液です。

 

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110のハイドロキノン配合率は、シリーズの中でも最高の2.5%です。配合されているハイドロキノンは、アンプルールが独自に開発した新安定型ハイドロキノンです。

 

新安定型ハイドロキノンとは、ハイドロキノンとそれを安定させるBCDACという物質を合成させたものです。ハイドロキノンは、本来は不安定で酸化しやすい成分ですが、新安定型ハイドロキノンにすることにより、安定性が高く酸化しにくくなっています。ですから、低刺激で肌への負担も少ないのです。

 

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110の新安定型ハイドロキノンは、マイクロカプセルに包まれています。このマイクロカプセルが角質層で徐々に崩壊していき、新安定型ハイドロキノンが放出されていくのです。放出された新安定型ハイドロキノンは、安定成分のBCDACが時間差で外れて行き、本来のハイドロキノンとなってメラノサイトに届きます。ですから寝ている間、シミのケアが持続出来るのです。また、徐々に新安定型ハイドロキノンが放出されるため、肌への負担も緩やかになっています。

 

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110は、特殊シリコンゲルの中に新安定型ハイドロキノンが分散しています。ゲルはしっかりと肌に密着するので、見えない絆創膏を張ったかのように、シミをケアすることが出来ます。

 

アンプルールの化粧品は、美容誌やファッション誌にも数多く掲載されていて好評化を得ています。製品は全て、皮膚科医の瀬聡子氏が研究開発しています。瀬聡子氏はウォブクリニック中目黒の総院長で、シミや肝斑の治療に定評があります。アンプルールでは厳しい効果測定基準に基づき、きちんと肌効果が確認できたものだけを商品化しています。返品交換は未開封商品に限って、商品到着後8日以内であれば可能です。質問等があれば、専用のフォームから聞くことが出来ます。

 

ラグジュアリーホワイトシリーズには、初回限定のお得なトライアルキットも用意されています。ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110のほか、ローション、美容液、乳液ゲル、クレンジングミルク、洗顔料の6アイテムが入っていています。6500円相当が1890円なので、かなりお得感があります。送料も無料ですから、まずはお得なトライアルキットで、アンプルールを体験されてみてはいかがでしょうか。

 

シミのない美しい肌は、努力なしには手に入れることが出来ません。ぜひアンプルールのラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110で、シミのお手入れを始めてみてください。